染太郎の旗にはマジックパワーがあります?

フラッグマジックをあなたに

幕は本来、職人が手で染めて作るものです。いくらデジタルプリンターが普及して便利になったからって、あなたの分身とも言える、大事な応援幕やメッセージ幕を安易にデジタルプリントしてはいけません。

 プリンターは気持ちを込めてはくれません。これだけは、人間が気持ちを込めて手で染めなくてはならないのです。

 デジタルでなければどうしても表現できない時、選択すべきものなのです。

 

「気」が入っているか?否か?

応援している皆さんは、勿論、広告として利用されているクライアント様も「気」が入っているのはわかっていますが、肝心の幕にも「人の気」がないとウソっぽいと思いませんか?

勝負の神様はそこを見逃してくれないんですね。簡単に済ませてはいけないということだと思っています。

 弊社制作の千葉ロッテのビッグフラッグは、あの感動的な優勝をもたらしました。

 Jリーグで大躍進中の川崎フロンターレのビッグフラッグも同様です。当社製のフラッグを掲げると不思議とそのチームに勢いがつきます。

 また、巨大幕によって集客30%増を達成したクライアント様など等、枚挙にいとまがありません。

デザイン力、発信力、「気」

同じ様に見えれば良い訳ではありません。本物でなければならないのです。ニセモノはニセモノ、所詮コピーはコピーだという事です。

 

 見たこともないデザインを生み出す力、

 最も効果的にそれを提示し発信する力、

 そしてそれに「気」を込めて作り出す力

 

このどれ一つ欠けてもダメなのです。

 

 そうしてこれらが揃った時、ホンモノと呼べるものになるだろうし、「弊社の製品」からお客様=企業様、サポーターの方々自身の「武器」たりえるのだろうと染太郎は考えています。

 ひとつのものを大量にコピーする「印刷」とは異なる布を使ったアプローチだからこそできる技であると思います。

 染太郎は「プリント会社」や「印刷会社」であったことは未だかつて一度もありませんでしたし、これからもそうです。

 たとえ、100万枚同じ図案のものを作ろうとも、いわゆる大量生産のコピーとは断じて異なる、と密かにひそかに自負しています。

染太郎はホンモノだけを創り続けます。

前
ショウ・ザ・フラッグ
カテゴリートップ
フラッグ講座
次
フラッグ価格表


有限会社 染太郎