移動が可能な重量や仕様である事

これには、生地の耐久性と重量のバランスが重要で、それ相当の風圧にも耐え、しかも軽い素材である事が必須条件となります。
それと、運搬しやすい、あるいは掲出しやすい質感である事も重要です。イベント中の掲出時間は、わずか5~10分程度である事が多く(だからこそ強烈なインパクトを残す訳ですが・・)すみやかに撤収できる仕様と素材である事は、言うまでもありません。
弊社製作のビッグフラッグは、全て、車で運搬可能です。100m級の巨大なフラッグも、せいぜいハイエースレベルの車で事足ります。
たたみやすく、しかもシワになりにくい素材という事です。

また縫製も重要で、必要以上にゴテゴテさせずに強度を意識した仕様は、大型フラッグを永年作り続け、知り尽くしているからこそ可能になる隠れた名人技であると言えます。

サポーターの魂のこもったフラッグ

最近ではJリーグ(J1・J2・JFL)や日本代表戦の影響からか、サッカーに限らず、野球やラグビーなどの問い合わせも多くなって来ました。サッカーもJ1からJ2、そしてJFLと広がり、なでしこリーグでも巨大幕が作られています。他にもプロレスやカーレースでも作りました。 また、プロの舞台ばかりではなく、高校生や大学のスポーツの世界でも(Jリーグほどのサイズではないにしても)大きな幕を作りました。

前
はじめて物語
カテゴリートップ
ビッグフラッグ講座