ゲートフラッグ

ゲートフラッグとは、両サイドに細い棒を差し込んで頭上に高く掲げる旗の事で、その名の通りゲート(門)状に見える所から、そんな風に呼ばれるようになりました。
最大の利点は、周囲の邪魔をせずに自分の座席のスペースのみで応援出来る事で、横断幕や振り回す旗と違って、基本的には場所を選びません。実際、スタジアムで横断幕を掲げるのはチームに属するなどしなければ難しく、掲げる壁面もほとんど無いのが実情です。
そのため、持ち運びも容易で個人レベルで掲げられるのでその手軽さが人気の要因だと思います。
サイズ的には1m角前後が最も多く、写真を使ったものからイラストもの、文字だけのものも多く、中には漢字一文字だけ・・・なんてものもあります。
みんな、アイデアをこらして目立つものを考えていますので、今度、スタジアムに行った時には、じっくり見比べてみると、案外おもしろい発見があるかも知れませんよ。

最近、サッカーをはじめ各スタジアムでリアルなものからマンガチックなものまで、選手達のイラスト入りゲートフラッグが大はやりです。

 

ゲーフラ大図鑑
染太郎「昭和館」ゲーフラ大図鑑へ飛ぶ